2013年4月28日日曜日

雪国 / 川端康成



映画もクリアなイメージが浮かぶという点ではアレだが、みんないったのかな?


追伸: このような文を昨日酔って眠りかけで書いたが、何だかわからんね。


小説の方が散文的に書いてあって、そしてオトナな記述も多く、映画ではよりストーリーラインをはっきりさせ、そして余りにエロい場面は削除されている。これによって映画はわかりやすくはなっているものの、原作にはないラストがあったりして、原作の持つ味わいが少し損なわれているなーと生意気にも思ってしまいますた。


映画にするためには取捨選択も止むを得ないのでしょう。


ってこと。





0 件のコメント:

コメントを投稿